ウーマン

悩みが実は多いデリケートゾーン|専用石鹸などで解決できる

きちんとケアで気持ちよく

ソープ

ケアの仕方を知ろう

デリケートゾーンに関して悩んでいる女性は大変多いといわれています。生理やおりものによる痒み、臭い、ムレによる不快感、黒ずみなど、心当たりのない人はほとんどいないでしょう。こういったデリケートゾーンのトラブルに関して、「なんでもいいから石鹸で洗えばOK」と考えるのは危険です。デリケートゾーンの仕組みや、特徴をよく知って、優しくケアしてあげることが大切です。デリケートゾーンは非常に皮膚が薄く、粘膜部分もあります。ですから石鹸やボディーソープで洗う時に、よく泡立ててから優しく包み込むように洗ってあげましょう。また洗うのにも順番があります。前から順番に、陰毛部分、陰核、小陰唇付近、最後に肛門という順番です。これは大切な尿道や性器に、肛門についたばい菌が入らないためという理由もあります。陰毛部分は抜けそうな毛を引っ張って抜くようにすることがコツです。また陰核部分は、皮をめくって汚れを落としましょう。小陰唇付近には、臭いの強い恥垢がたまりやすいので、優しくきちんと洗いましょう。ばい菌が付きやすい肛門付近も念入りに洗うことが大切です。また膣の中は、自浄作用があるので洗わないほうがむしろ良いです。

優しくかつきちんと洗う

きちんと洗っているのに悩みが消えない、逆にかゆみが出て困る、という人に、「デリケートゾーン専用の石鹸」が人気です。普通の石鹸とデリケートゾーン専用のものとで何が違うかというと、低刺激でありお肌に優しいこと、でもきちんと悪い菌を臭いを洗浄してくれるまた泡立がきめ細やかなことです。デリケートゾーンはその皮膚の特徴から、普通の石鹸だと洗浄力が高く、洗いすぎになってしまったり、良い菌までなくしてしまったりする結果、トラブルが起きやすいのです。専用の石鹸では、低刺激なためアトピーなどお肌トラブルを抱えている人でも安心して使うことができ人気です。にもかかわらず、悪い菌やカビなど臭いや痒みの原因となる物質をきちんと洗い流してくれる効果があります。泡立てるのが苦手な人は、もともと泡で出てくるタイプのものも人気です。またデリケートゾーンの黒ずみがコンプレックスの方向けには、古い角質を落としやすいものなど、悩み別にさまざまな石鹸が販売されています。